【道産子ギャルはなまらめんこい】ってどんなマンガ? 感想・見どころ、2巻以降のネタバレも!

おすすめマンガ
編集長
編集長

やあ♪ ボクは電書鳩の編集長だ。この記事では「道産子ギャルはなまらめんこい」を紹介するぞ!

「道産子ギャルはなまらめんこい」とはどんなマンガなのか? 感想や見どころは? などの疑問に編集長のボクがお答えします。

また2巻以降のネタバレもありで「道産子ギャルはなまらめんこい」のことをたくさん理解できますよ。

※ネタバレが苦手な方はご遠慮ください。

「道産子ギャルはなまらめんこい」とは?

編集長
編集長

ここでは主に作者のことや作品の内容について紹介するぞ!それではさっそく「道産子ギャルはなまらめんこい」がどういうマンガなのか見ていこう!

作者はどんな人? 連載している雑誌は?

「道産子ギャルはなまらめんこい」の作者は伊科田海先生です。「道産子ギャルはなまらめんこい」の舞台である北海道北見市出身です。

以前は増田海というペンネームで活動されていました。そのときは週刊少年チャンピオンで「GREAT OLD〜ドラゴンの創り方〜」という作品を連載していました。

「道産子ギャルはなまらめんこい」は集英社が配信しているウェブサイト・少年ジャンプ+で連載しています。毎週無料で最新話を読めるのは嬉しいですね♪

あらすじ・内容

男子高校生・四季翼は東京から北海道北見市にある高校に転校してくる。初めての北海道での暮らしにとまどう翼だったが、クラスメイトの道産子ギャル・冬木美波との出会いで彼の生活は一変するのだった。

明るくて裏表のないギャルの冬木さんと彼女にからかわれながらも北海道ライフを楽しむ真面目な翼。寒さも忘れるくらいに心が温かくなるラブコメ!

最新刊は何巻?

「道産子ギャルはなまらめんこい」の最新刊は4巻です。4~5ヶ月のペースで最新刊が出ているので、5巻が刊行されるのは2021年春頃だと予想しています。

「道産子ギャルはなまらめんこい」編集長の感想 ※ネタバレあり

編集長
編集長

「道産子ギャルはなまらめんこい」を読んだボクの感想だ!

北海道北見市の女子高生ギャル・冬木さんと翼の1対1ラブコメかと思っていたのだが、読み進めていくうちにどうやら複数のヒロインが登場することがわかりました。そう言えば翼の名字が「四季」で「冬」木さんなのだからそこで気がつくべきだったな。

しかし1対1ラブコメではなかったものの、1巻の後半から登場する秋野さんや2巻の最終話で登場する夏川伶奈先輩など魅力的なヒロインの登場で、話がますます面白くなってきています。

また翼がピアノが弾けて水泳が得意で茶道をたしなんでいて、さらに学校の成績も試験で学年3位になるなどかなりのハイスペック男子だということも徐々に明らかになっていきます。そりゃ複数のヒロインからモテるわけです。

とは言え、ハイスペックだからというのは翼がモテる理由の一つにすぎず、やはり性格の良さが一番の理由だとは思います。また思い悩んだりするけど後ろ向きな考えにならず、ポジティブに前に進んでいく翼は読んでいてかなり好感が持てます。陰キャのようでそうではないという珍しいタイプの主人公ですね。

ラブコメとして面白いのはもちろんなのですが、北海道ネタも楽しくていつか訪れてみたいと思わせられました。お寿司食べたい!

翼が最終的に誰を選ぶのかとても気になります。まだまだ面白くなりそうな「道産子ギャルはなまらめんこい」から目が離せません!

「道産子ギャルはなまらめんこい」の5つの見どころ

編集長
編集長

たくさん見どころのある「道産子ギャルはなまらめんこい」だけど、ここでは5つに絞って紹介するぞ!

1.ギャルの冬木さんが明るくて裏表のない性格で好感度大!

ギャルと言っても様々なタイプがいるのですが、冬木さんは明るくてピュアな誰からも好かれるタイプのギャルです。喋りかたとファッションでギャルに見えるだけで、性格は同年代の女の子と比べるとそうとうピュアなのではと思います。そういう裏表がなく翼に対してもからかいはするけど、本当は誰よりも彼を気遣ってあげている優しさが見え隠れします。そんな冬木さんが今後どういった行動をするのかはこの作品の見どころと言えるでしょう。

2.真面目でおとなしい性格の翼も嫌みがなくて好印象!

翼は陰キャのようでそうではなく、実はハイスペックな男の子という隠れた一面があります。私生活では祖母から茶道を教わったりとそうとうなお坊ちゃまなのではという描写もあったり。かと言ってそういう育ちの良さが見え隠れするものの、それを鼻にかけるような態度は皆無で読んでいて翼の人柄にどんどん引かれていくのは確かです。

なんだか応援したくなる男子・翼も間違いなく今作の見どころの一つです。

3.知って楽しい北海道あるあるが満載!

毎話ごとに一つは北海道あるあるを紹介してくれます。お寿司のネタがシャリが隠れてしまうほど大きいとか北海道の難読地名の読みかたとかさりげなく教えてくれるのです。もちろん北海道のギャルの生態とかも。

それがどれも面白くて、つい誰かに教えたくなることばかりです。読んでると北海道に住みたくなるかもしれませんね⁈

4.セクシーショットも多くて目に嬉しい!

冬木さんがギャルだからというのもあるのですが、肌の露出の多い服装のために目に嬉しいカットが多いです。胸の谷間とかスカートから覗く太ももとか、そういったセクシーなシーンが多いのもこの作品の見どころだと言えるでしょう。

5.1対1ラブコメと思いきや、もしかするとハーレムラブコメになりそう⁈

第1話を読んだときは冬木さんと翼の1対1のラブコメなのかと思いましたが、話が進むにつれて秋野さんや夏川伶奈先輩が登場してそうではないことに気づきました。

翼の性格からして最終的に誰か一人を選ぶことになるとは思うのですが、誰が選ばれても嬉しいしその反面選ばれなかった女の子が可哀相になって泣く覚悟はできていますw

ハーレムラブコメにはならないと思いますが、複数のヒロインの登場でこれから先がどうなるのか非常に見どころではないでしょうか。

「道産子ギャルはなまらめんこい」2巻以降はどうなるの? (※ネタバレ)

編集長
編集長

ここでは「道産子ギャルはなまらめんこい」の2巻以降のトピックスを紹介するぞ!

【2巻】トピックス

  • 冬木ママ登場
  • バレンタイン
  • 夏川 怜奈登場

まず冬木さんのお母さんが2巻から登場します。冬木ママはまさにこの娘にしてこの母ありな観た目で、一目見て冬木さんのお母さんだとわかるほどにそっくり。見た目の若々しく、話しかたもギャルっぽくて母親というよりはお姉さんのようです。この冬木ママは以降たびたび登場します。そして冬木さんの翼への気持ちを知っているようですので、冬木ママが今後ストーリーで重要な役割を持つ可能性もあります。

次にバレンタインですが、これが2巻の目玉と言っていいでしょう。冬木さんと秋野さんが翼にチョコをあげるために手作りするのですが、秋野さんは料理が苦手。それで冬木さんと電話しながら教えてもらうことになります。お互いに本命チョコを誰にあげるのかは知りません。でも2人とも薄々気づいてはいます。

それで冬木さんは思い切って秋野さんに翼のことが好きなのか聞こうとするのですが、そのとき肘が調理器具にぶつかりドミノ倒しのように次々とテーブルの上にあったものが倒れます。そして醤油さしが倒れたことでテーブルの上に置いていた手作りチョコが醤油まみれになり食べられなくなってしまいます。

冬木さんは落ち込むものの秋野さんと通話しているので、彼女を心配させないように気丈に振る舞います。翌日、バレンタインデイの当日、冬木さんは手作りチョコではなくコンビニで買ってきたチョコをクラスメイトたちに配るのでした。

翼も冬木さんから貰い喜ぶのですが、冬木さんは素直に喜んでくれる翼を見て昨日の失敗が頭をよぎり哀しい気持ちになります。みんなに手作りチョコをあげたかったのにできなくて、翼にも食べさせてあげられなくて……。

冬木さんは涙を流します。心配した翼に昨日の出来事を洗いざらい吐き出します。そして落ち込む冬木さんを励ますために、以前冬木さんが聞くと元気が出ると言っていた曲を翼はピアノで演奏します。その曲を聞いて冬木さんは元気を取り戻すのでした。

編集長
編集長

翼がまさかピアノを弾けるとは思っていなかったから度肝を抜かれたよ。

そして冬木さんを元気づけるために、彼女が好きな曲を演奏するというイケメンぶり。こんなことされたら女の子は惚れちゃいますよ!

ちなみに秋野さんもさりげなく手作りチョコを翼に渡しています。

三角関係が発展してきた2巻ですが、ここでさらにもう一人ヒロインが登場します。それが夏川伶奈です。彼女は翼や冬木さんの一学年上の先輩で、冬木さんの憧れの女性でもあります。そして住んでいる家が翼の家の隣り

怜奈はハーフのような外見で顔立ちが整っていてかなりの美少女です。そんな彼女が回覧板をまわしに翼の家を訪れるのですが、そのとき翼はお婆ちゃんに茶道の稽古をつけられていて和服姿でした。その姿を見た怜奈は翼に抱きつきます。怜奈は日本文化をこよなく愛するいわゆる歴女だったのです。

こうして怜奈にも気に入られた翼。果たして冬木さん、秋野さん、そして新たなヒロイン怜奈先輩の誰を選ぶのか⁈ と目が離せなくなったところで2巻は終わります。

編集長
編集長

というわけで2巻のネタバレあらすじでした。続いて3巻に移ろうと思ったのだが、

2巻のあらすじだけで相当長くなってしまったので、3巻以降はあらすじなしのトピックスだけでお送りします。

申し訳ない。

【3巻】トピックス

  • 期末テストで学年10位以内にはいらなければ東京に帰すとお婆ちゃんから宣告を受ける翼
  • 入学以来、学年1位の座をキープし続けている怜奈先輩に勉強を教わることになる
  • そして翼は期末テストで学年3位に入り、東京に帰されずにすんだ
  • 春休みが終わり新学期。翼たちも学年が上がり2年生になる
  • 冬木さん、秋野さんとまた同じクラス
  • そのクラスで翼は学級委員長に、冬木さんは副委員長になる
編集長
編集長

3巻もまた楽しいエピソードが多かった。トピックスには入ってないが、怜奈先輩とのデートや春休み中のわかさぎ釣りの話とか楽しいエピソードが満載だ。

なかでも学年も2年生になり新章スタートといった感じで、わくわく感がハンパなかったぞ。

【4巻】トピックス

  • ゴールデンウィークに冬木さんと東藻琴でデート
  • 冬木さんが韓国に留学(と言っても2週間の短期留学)
  • 冬木さんとのデート中に終バスを逃して家に帰れなくなり、2人でホテルに泊まることに
  • しかし何事もなく過ごす
  • 冬木さんが韓国に旅立つ日、翼は空港まで見送りに行く
  • そこで冬木さんからミサンガをもらう
  • 冬木さんが韓国に行ったその日、日奈と飛鳥という2人の後輩と出会う。
  • 日奈は冬木さんの大ファン、明日香は秋野さんの後輩というちょっと複雑な関係
  • 数日後、水泳をしている飛鳥の大会が近いから指導してあげて欲しいと秋野さんから言われて屋内プールまで出向く翼
  • そこで秋野さんは翼のことが好きだと自覚する
編集長
編集長

4巻も非常に見どころが多かった。

冬木さんとのデートから始まり、秋野さんのターン。

翼のことを好きだと自覚した秋野さんがこれから先どんな行動に出るのか目が離せません。

そして4巻ではそれほど登場しなかった怜奈先輩ともどうなるのか?

また冬、秋、夏とヒロインの名字につくことから春がつく名字のヒロインが登場すると予想できます。

そうしてますます複雑になっていくだろう翼の恋愛関係からボクはもう目が釘付けです!

まとめ

「道産子ギャルはなまらめんこい」について作者やあらすじ、感想、ネタバレなどを通して紹介してきました。冬木さんと翼が今後どうなっていくのかも楽しみでしたが、秋野さんや夏川伶奈先輩の登場で翼が最後に誰を選ぶのかという新しい見どころも増えました。

北海道というご当地ネタをふんだんに取り入れて、そこにギャルという要素まで盛り込んだ「道産子ギャルはなまらめんこい」は今後ますます盛り上がっていくのだろうとボクはそう感じざるをえません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました